2009年09月13日

マイクロバブル♪

 どうもご無沙汰しています。

 ジルはすこぶる皮膚の調子が良くありません顔(汗)

やっぱり この皮膚炎とは上手に付き合っていくしかないみたいです。

ここのところ、ず〜っと病院にかよっていて 1日800円のアトピカという薬を かれこれ 3〜4ヶ月程飲んでいました。
 注射に頼らないで 体に負担のかかりにくい飲み薬ということで飲み始めました。
結果、正直良くなるどころか つやは無いし、抜け毛はひどいし、背中にボツボツとにきびみたいな炎症が頻繁になり、病院へ行く回数も10日に1度という感じ。でも 体に負担がかからなくて良くなればと思い続けてみたんですが、ちっとも良くなくて さらにジルにとっては病院嫌いがMAXに・・・・・・・・。

 病院の先生も 考えてくださってのことだったので感謝してます。

しかし、前回 事件は起こったのですたらーっ(汗)

いつものように病院へ行き 塗り薬をして最後に注射を打つんです。
注射は3本。その一つが点滴なんですが、いっつもジルが暴れるから 抱っこされて 打ったんですが・・・・・
あまりに強く抑えられて抱えられていったために 息が出来なくて ウンチがありあえないぐらいピュ〜っと出てきて、慌てて 台に置いたんですが、もう息ができなくて おそらく 末期症状。
このまま 死ぬんじゃないかと思いました。
前々から その助手は手加減を知らないと言うか、以前も肛門絞りをお願いしたら肛門の周りが真っ青に顔(なに〜)
でも きっと新人だし 男の子だし しょうがないって思ったんです。
今回は もう彼も新人じゃないし、先生も先生で じゃあ足でいきましょう!って 今の窒息についてはなんも触れずに・・・・・・。
もう あんな病院は行きません。
ずっと 通っていましたが、いつも見てもらっていた院長先生も体を壊してから ちがう先生になっちゃってたし。
とにかく ジルにかわいそうなことしちゃったと思っています。




 だから あんまり 病院にまかせっきりではなくて、自分なりにコントロールしてあげたいと思います。

 そして まず 思ったのが マイクロバブル犬(笑)
月に2回目標に通って、あとはまた ひどくなる前に新しい病院へ連れて行こうかと思います。

 そして今日久々 いつも通っていたペットサロンに マイクロバブルとグルーミングをしに行って来ました車(セダン)
久々行きましたが、サロンのスタッフさんジルのこと覚えていてくださり、さらにジルのひどい皮膚を気遣って下さり、飼い主としてはとても嬉しかったかわいい
 こういうところで ジル・飼い主共々 末永くお付き合いしていきたいと 心から思いました。

 ジルもプロに綺麗にしていただいたことで すっかり 臭さもなくなり今はリビングで 大の字で寝ています眠い(睡眠)




image/french-jil-2005-2009-09-13T11:51:31-1.jpg

ニックネーム AKI at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1834511
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック